〒535-0031 大阪市旭区高殿1丁目2番25号
営業時間 平日 9:00〜18:00土曜日 9:00〜15:00(第4・5のみ営業)
電話でのご案内(発注専用ダイヤル) TEL:06-6922-7631(代)
FAX:06-6925-2441(代)

ウォータージェット切断

最新鋭シャーリングマシン、高性能歪取りマシン

加工技術のご案内

各種加工品画像一覧


加工技術のご案内

厚板ウォータージェット切断
  • 厚板切断の諸問題(寸法公差、熱硬化、切断面粗度etc)の解決策として、
      弊社の”2.5次元ウォータージェット切断”を提案いたします!
  • 研磨材を混入した水で切断するウォータージェット切断機(以下、WJ切断と称します)。
    その一般的な利点は!

  • @切断部熱影響の軽減
  • ガーネット(研磨材)を混ぜた超高圧水で切断するため、切断部の熱影響が軽減されます。
    従来、レーザー、プラズマでは切断が難しかった材質(チタン、アルミ、銅、真鍮、
    クロム系ステンレス等)の切断も可能です。

  • A精密厚板切断(後加工大幅軽減)
  • 厚板の精密切断が可能です。 また、様々な切断形状への対応が可能で、鋭角な形状でも
    溶けることなく切断が出来ます。
    従来、プラズマ切断では難しかった、スリット切断なども可能です。
    また、切断精度は、材質、厚み、切断速度により変化しますので、お客様の条件に適した
    切断精度を提案させて頂きます。

  • B様々な素材切断が可能
  • ステンレス厚板の切断だけにとどまらず、アルミ、高機能材の切断に適用でき、昨今注目されています。

    弊社では、WJ切断の利点をさらに活用すべく、下記の機能をWJ切断機に追加いたしました!
    その結果、
     後加工軽減による工程の短縮! 小ロット多品種対応!
    などが可能です。 各種お問合せ、お待ちしております!


  • C2.5次元(~45度傾斜)切断を駆使した複雑形状対応(試作品に有効)
    弊社のWJ切断機は、45度までの傾斜切断が可能です。
    形状が複雑で機械加工では納期、コストがかかっていた商品に対して、より多くの改善策を提供することが可能です。

    Dツインノズルマシンでの短納期対応
    一般的にWJ切断は、レーザー、プラズマ切断に対して切断速度が遅い。 その改善策として、弊社ではノズルを2つ設置し、同形状のものであれば、 同時に2つ切断出来るツインノズルを採用いたしました。

    E大型母材対応
    最大寸法 3,100mm×7,000oまで対応可能。 加工が難しい大きなワークにも、穴あけ、開先切断が可能です。


    ▲クリックで大きい画像が表示されます


    ■2.5次元切断
    ±45°開先切断が可能です。
    より製品に近い素材の提供が可能です。
    後加工軽減にご活用ください!
    ■スリット切断
    研磨材を混入した水で切断するWJ切断。 従来の切断方法では難しい、スリット切断が可能です!
    ■穴あけ加工
    大型母材(3100_×7000_)の貫通穴加工が可能です!
     ▲クリックで大きい画像が
      表示されます


    F2.5次元切断
    従来の問題点
  • 開先を機械加工で行うと非常に時間と手間がかかります。

  • 弊社のウォータージェット切断!!!!
  • 弊社のウォータージェット切断であれば噴射ノズルが斜め45°まで傾くため機械加工を行うことなく開先を取ることが出来、より製品に近い形でお届けできます。

  • 実際の切断サンプル画像
    全面斜め切断となっています!!!
    刃の山側は斜め切断谷側に向かうにしたがいじょじょに直角になる切断です。
    この部分が開先になっています
     
    丸穴に角度をつけた切断です。
    機械加工もなにもほどこしていません。
    ノコギリをイメージした切断サンプルです。
       ▲画像クリックで大きい画像が表示されます


    G小さい穴も開けられます
    従来の問題点
  • 通常レーザーでは板厚以下の穴は開けるのが困難です。また、プラズマでは溶けてしまうので小さい穴は開けられません。

  • 弊社のウォータージェット切断!!!!
  • 弊社のウォータージェット切断ではノズルの径以上(約1ミリ)であれば、ピアス穴を開けられます。また、3Φ以上であれば穴も開けられます。
    そのため、板厚を問わず機械加工のタップの下穴などでご好評頂いております。

  • 実際の切断サンプル画像
    18tの板に約1φの穴が開いています!!!
    下段にはタップの下穴、上段には下穴を開けたものにねじ切りをしています!!!
       ▲画像クリックで大きい画像が表示されます


    H異形状の切断が可能です
    従来の問題点
  • パンチングメタルのような穴の空いたモノはレーザーやプラズマでは切断が困難です。また、エキスパンドメタルなどは通常のシャーリングでは切断できず限られた場でしか切断できませんでした。

  • 弊社のウォータージェット切断!!!!
  • 歪み、切断面の焼きを気にすることなく型切り切断が可能です。

  • 実際の切断サンプル画像
    310S
    5t パンチングメタルの型切り
    歪み、切断面の焼きを気にせずお使い頂けます。
    3t エキスパンドメタルの半円切
    こちらも歪みや焼きを気にせずお使い頂けます。
       ▲画像クリックで大きい画像が表示されます


    I30tを超える厚板もキレイに切断できます
    従来の問題点
  • レーザー切断の場合
    アルミであれば8t程度
    ステンレスであれば高性能のレーザー切断機でも30tを越えると切断が難しくなります。

    プラズマ切断の場合   
    ステンレスであれば50tであっても切断そのものは可能ですが上面と下面で寸法に大きな違いが出たり、切断面が熱影響で硬化してしまい、後加工の際に硬化面を除去する必要があったりと手間を必要とします。

  • 弊社のウォータージェット切断であれば!!!!
  • ウォータージェット切断では水の圧力と研磨材で切断するため板厚を問わず切断が可能です。またほとんど熱が入らないので熱硬化の問題もありません。切断面は良好で後加工をせずそのままお使いになる場合もあります。

  • 実際の切断サンプル画像
    アルミ35tです
     
     ▲画像クリックで大きい画像が表示されます  


    ステンレスの65tの切断です。
     
       ▲画像クリックで大きい画像が表示されます


    J歪みを気にせず切断できます!!
    従来の問題点
  • 熱溶断では小穴を無数に開けたり、細長い形状を得ようとすると熱の影響で歪が発生するため、使い物にならず機械加工に頼らざるを得ませんでした。

  • 弊社のウォータージェット切断!!!!
  • 細長い形状や、板に小穴を開ける等の切断も弊社のウォータージェット切断であればほとんど歪みを出さずに切断できます。

  • 実際の切断サンプル画像
    ウォータージェットで4000以上の穴を開けました
    これほどの細さでありながらほとんど歪みがありません
    260x500程度の板に4000を超える小穴が開いています。ほとんど歪みは出ていません。 5x5x500をウォータージェットで切断しました。こちらもほとんど歪みが出ていません。
       ▲画像クリックで大きい画像が表示されます


トップへ